筋トレとトレーニングによるホルモン反応―ライフハックー

パーソナルトレーニングジムepでは、各ホルモン分泌を促すようにトレーニングを行います。セット数・休憩・負荷を使い刺激を与えます。

大人で成長ホルモンが長期に不足すると、典型的な例では疲れやすく、活気や活動性が乏しくなり、不安感、うつ傾向が生じ、何事も面倒になるといった精神症状(下表)が現れる他、血中のコレステロール値の上昇、体脂肪の増加、心血管系リスクの増大、骨密度の低下、脱毛、創傷が治りにくい、寒がりで風邪をひきやすく、それがなかなか治らない等

セロトニンという神経伝達物質は、分泌されると幸せな気分を感じやすくなるため「幸せホルモン」と呼ばれています。 セロトニンは脳の興奮を抑え、心身をリラックスさせる効果があり、不足するとイライラや不安・恐怖などのストレスを感じやすくなります

生きるために必要なやる気を促し、幸福感をアップさせるホルモンです。 また、仕事や学習などに必要な情報を一時的に記憶・処理する能力である「ワーキングメモリー」にもドーパミは影響を与えるといわれています。 つまり、ドーパミンの分泌が活性化されると、学習能力や仕事能率

エンドルフィンとは、いわゆる「ハイ」になれるとされる脳内ホルモンです。 例えば心肺機能を高める運動をすると、脳内にエンドルフィンが放出されます。 これは痛みなどのストレスを和らげ、高揚感や幸福感が得られるといわれています。 エンドルフィンがより多く分泌されることで起こる代表的な現象が「ランナーズハイ」です

テストステロンは筋肉の量を増やしたり強度を高めて筋肥大させる造血作用、男性としての機能の維持集中力やリスクを取る判断をするなどの高次精神機能内臓脂肪やメタボリック症候群、骨密度身体的な症状としては過度な疲労感や倦怠感性欲低下やED(勃起障害)といった男性機能の低下不眠や肩こりなどの症状がみられます。
精神的な症状には気力の衰え・集中力の低下・イライラ・抑うつなどがあります

PAGE TOP